« あつい思い | トップページ | すごいチャリ »

2008年1月14日 (月)

四角い風船と丸い鍋

石上純也の「四角い風船」を見る

東京都現代美術館で行われている「アートとデザインの遺伝子を組み替える」という展示会

http://www.sfyf.jp/

展示はコンパクトだったが数点面白いものもあったが、

会場の空間構成が展示物とマッチしていなくてぎこちない印象を受けた

四角い風船の存在感はやはり圧倒的で、面白かったのがそこに生まれている現象

この美術館は3フロアをいどうする動線を取っているのだが

その移動の間に、白昼夢のように現れる銀色の物体

しかもそれは微妙に揺れている

近づいてみると実は1tの巨大な風船であるといった一連の体験を生み出しているのが面白かった

日常の世界を少しずらす作品の強さ。建築の特性を捕らえて、生かしきっていること

現代のアートにおける、空間自体をアートするという分野では突出している。

Ca390035

その後、自宅で大学の友人と鍋をつつく

いい仲間と、いい時間、いい場所で、心地よかった

四角い風船と、丸い鍋、そしてたこ焼き

なかなか良い休日だ


« あつい思い | トップページ | すごいチャリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448865/9874607

この記事へのトラックバック一覧です: 四角い風船と丸い鍋:

« あつい思い | トップページ | すごいチャリ »