« 時間 | トップページ | 走馬灯 »

2008年1月30日 (水)

幹事力

新人の役割には飲み会の幹事というものがある

会社に入ってから4回くらいやっている

常に幹事は積極的にやるべきだと考えてる

なぜかというとそこには社会人として大切なことが詰まっているからだ

まず段取り力
コミュニケーション能力
コントリビュート(貢献)力

幹事の流れの中で話すと
会場を参加者の好みにあわせ連絡を回す(コミュニケーション能力)
当日の主役がいたらプレゼントや記念品を用意する
当日の司会進行を考える(段取り力)
当日は参加者(先輩方)に敬意を持って話をするまた相手の興味のある話題を振る
(コントリビュート力)
やっているなかで
幹事をやると人脈が広がることに気づく
面倒くさい連絡も普段話さない人とつながりをもついいチャンス

幹事を極めることによって得られるノウハウはかなり重要じゃないかと思っている


今日社内の同窓会の幹事をしながらそんなことを考えていた

バッと見面倒くさいことには大きな学びがある


« 時間 | トップページ | 走馬灯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448865/10161847

この記事へのトラックバック一覧です: 幹事力:

« 時間 | トップページ | 走馬灯 »