« 立ち止まること | トップページ | 休日明け »

2008年2月10日 (日)

聞く耳をもつということ

研究室の先生が退官されるということで

OBが集まって話し合う機会が生まれた

最初はカフェで硬い感じで話していたが

二次会、三次会と、みんな社会人なのにのりがいい

飲みだすと本音が出てきたりして面白い

自分が特に面白かったは

学生に対して、みんなが熱心に就職活動について語っていたこと

面倒見がよくて感動した

逆に言えば、先輩って言うのは、飛び込んでいけばいくらでも面倒を見てくれる存在だということ

飛び込んでくるやつに対しては「こいつなかなかしたたかだな」と

面白がる傾向にある

「聞く耳を持つこと」そして「なるべく早く行動すること」は

かなり重要だということがわかった一夜だった

先生の退官パーティーもかなり充実しそうで、楽しみ

主催者であるOBの代表になったので、気合をいれてやっていきたい


« 立ち止まること | トップページ | 休日明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448865/10376448

この記事へのトラックバック一覧です: 聞く耳をもつということ:

« 立ち止まること | トップページ | 休日明け »