« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

色色

Ca390132 今日はかなり移動した

天気が良かったのでいい風景をいくつも見つけることができた

四季っていうのは日本人において相当重要な体験になっている

一年の中で毎年、狂うことなく繰り返されるサイクル

ちょうど忘れた頃にくるそれぞれの季節

よくよく考えるとかなり不思議で魅力的なことだ

駒沢公園の木漏れ日トンネルを通りながら思う

Ca390136_2 こちらは、幼児用のサイクリングスペース

青いまるが描かれているだけ

なんかセンスいいじゃない!

すごい好きなデザインだ

アスファルトにぐるっと書かれた円だけで子供はいろんなことを創造できる

シンプルでいいのだ

このデザインの強さにちと感動した

Ca390139

こちらは国立劇場

もらいもののチケットで日本舞踊を鑑賞

どっしりした建築を久しぶりに見た

概観は校倉作り風

吹き付けのような、ざらざらとした茶色の外装はチープな印象を受けた

魅力的だったのは前庭の造り方

あれだけ豊かな車寄せスペースを設けたのが強いメッセージを生んでいた

劇場に行くまでのスペシャルな感じが、装飾ではなく、スペースで表現されているのに好感をもった

Ca390141 そこから見た、お堀の風景

都会のど真ん中とは思えない

芝の堤防のおくに見える高層ビルがおもちゃのようでかわいらしい

皇居の周辺はぽっかり空いた穴のような場所だ

四季と同じようにこの都市構造も、日本人の精神性に影響を与えているのかどうなのか

この後、会社へ向かい終電まで仕事

なんだか、最近密度が高い時間をすごせている

それを処理できているかわからないけど、薄いよりはずっといい

コップから水があふれているくらいがちょうどいい

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

将来

久しぶりにむかっと来た日だった

仕事のぐちばかりの上の人達みてうんざりぎみ

その人の積み重ねが今を作ってるのに

この仕事について今まで働いているのは当人の責任だと思うのだが

こんな空気の中にいてはいけない

会社に縛られるのは絶対にいやだ

今は必死にやるけど一生はやらない

人よりやってためを作って
将来に投資する

好きな働きかたを今からデザインする

遠くを見ていれば目の前の面倒くさいことなんてなんともない

どんな環境にいても遠くを見る目を失ってはいけない

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

クリエイティブクラス

後輩にもらった「クリエイティブ・クラスの世紀」

という本を読み始めた

なかなか面白そうだ

建築も含めたクリエイティブな人材がこれから世界を担っていくというような話

全体がつかめていないが、これからの生き方にヒントを与えてくれそうだ

きちんと読む時間を作ってインプットしたい

どれだけ早い時期にいい本と出会えるかで人生は決まる

最近常に、前のめりで走っている気がする

それが気持ちいいのだ

後ろ向くことなんか一瞬も考えない

気づいたことが一つ

人生に大切なことは旅行に詰まっているということ

海外にフリーで行く場合に限る

毎日新しい場面に出くわして、それを乗り越えていく状況が人生に似ている

旅行では、行きたい場所を必ず決める

そして、そこに行き着くための計画を立てる

その通りに行くことは少ないが、その間に見る風景や出会いが楽しいし記憶に残る

楽しい旅行には、目標、計画性、行動力、柔軟性、楽しむ力、テーマ力、チーム力が必要

まず目標は必然的にある

計画力は、移動手段や、情報収集する能力

海外旅行では、事前のリサーチが重要になる

行動力は立てた計画を実行する力

多少のトラブルがあっても押し切る

普段できなくても旅行中はできる

たとえば、見学できない建物でもお願いして見せてもらうとか

柔軟性は、ある程度計画が狂っても対応できること

電車乗り過ごしたりした場合は違うルートで行く、とかほかの日程と調整するなど

楽しむ力、一番重要かもしれないが、何でも楽しむこと、辛いこと、毎日パンばっかりとか、歩き疲れることとかも、何かの工夫で楽しくする

パンを作るにしても、パン職人というあだ名をつけて盛り上げるとかして

テーマ力は なにか一貫性があること、私の場合は建築

ある程度深さがないと旅は面白くない

知識があって初めて味わえる楽しみは確かにある

チーム力は、個人の特徴を生かすこと

お金に強い、写真がうまい、おしゃべり、朝が強いなど組み合わせでいいチームにしていく

以上が自分が思う楽しい旅行の条件

この全てを学生時代の海外旅行体験で身に付けたと思う

ざっと見てみて気づくとおもうが、これらは人生においても大事なもの

つまり、旅行がうまい人は、人生を楽しく生きられると断言できる

海外旅行楽しかったな~

あんな感じでやっていこう

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

ただ一つ

なんか仕事がうまくできた

いい感じ

ポイントは目の前のことに集中すること

これを意識しているといつもいかに無駄に悩んでいるかがわかる

もともといろんなことを一度に考える癖がある

今はわからないことを無理やりやって覚える段階

いろんなことを一度にやったらすぐフリーズしてしまう

ただ一つのことを丁寧に、早く、正確に

簡単そうだけど難しい

すぐそっぽ向きたくなるからね

どんなことにも応用できそう

読書でも、スケッチでも、設計でも・・・

来週はじめに社内で自分の持っているプロジェクトを発表する機会をもらった

全員順番にくるんだけど

なにをやってやろうか考えている

プレゼン能力が自分の武器だと思っているから

これでほかの人に負けてたら話にならない

休み中に考えておこう

帰ってきてテレビをつけると爆笑問題が検索ちゃんの中で、手塚治虫のことを話していた

太田さんの、語りはどんな政治家より影響力があると感じるのは俺だけだろうか

あいかわらずに良い

漫画の神様はすごいな

アイディアがあふれてしょうがない、デパートで売りたいくらいだといっていたらしい

好奇心と、クリエイティブな精神、そしてそれをアウトプットできるスキル

これらが高いレベルでまとまっている

絵を記号化することで、作品数を増やしたエピソードなど

メディアを利用しつくす姿勢が、コルビジェやレム・コールハースと重なる

どんな世界でも神様は神様

感動してしまうな

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

やわらかなもの

ふと伊東豊雄の話を思い出す

西沢立衛が学生時代伊東さんと飲んだ時
紙コップを叩き潰して、建築はこうじゃなきゃきゃいけない

と言ったらしい

なかなかロックじゃない
とよおさん

建築は柔らかいものなんだ
今ある形に捕らわれてはいけない

学生の時は当たり前にそう思い
建築を批評していた

会社に入ってからクソラーメンの建物を建てるのがいかに大変かを知った
この先どれだけの知識をつけなきゃいけないかもおぼろげに見えてくる

高く険しい道だ

もっとやさしい道があるんじゃないかと思うほど
なんでこの道を選んだ?
自分は何になりたいんだ?

ただ設計管理ができるだけのおっちゃんなのか

違う

自分が持っているアイディア・デザインで人を幸せにしたい

それは建築から家具に至るまでなんでもいい

ただの技術者にはなりたくない

分野を横断して建築を武器に生きて行きたい

深さと分かりやすさ

良い仲間とプロジェクトを立ち上げて
楽しく豊かに仕事したい
今から狙えば何でもできる

今はまだ仕事に溺れちゃいけない


しかし、今日は集中できなかった

なんか毎日そんなこと思ってる気がするが

きちんと記録取って1日を大事にしないとだらだら次の一年が終わってしまいそう

朝の30分
夜の30分は確実に自分を考える時間にしよう

具体的なステップを設定して周りを飲み込んで

さあ明日が楽しくなってきた

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

集中

締め切り前の集中力をいつでも出せたら

そんなことをよく思う

今日なんかも積算図といって建物全体のお金を計算する図面の提案があった

時間がなく終わらないと思っても

いつもなんとなく形になる

明確な目標ってかなりの効果があることが分かる
出来ると信じこんでやる
コルビジェが建築を機械と言ったように

ミースが建築は無限に広がっていくと言ったように

明確なイメージと集中力が重要だ

締め切り前の集中力の原動力は緊張だ

緊張しているとき、人間は臨戦態勢になっているらしい

確かにいつ動いてもいいように心拍数があがるし
手は滑らないようにべとつく

そして一つのことしか目に入らなくなる

これらの状態は集中しているのそれに似ている

集中することは自分に明確な目標を課して緊張することなんだ

巨匠のような目標と異常なまでの心配性

この二つが兼ね備われば最高だ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

プレゼン

うちの会社には週一回係わるプロジェクトを発表する場がある

若手から中堅までが発表をする

自分の番もそのうち回ってくる

なにをプレゼンしようか考えてるとこなのだが
なかなかいいのが思いつかない

切り口をどうするかをまず決めたい

分かりやすく自分だから生まれる切り口

地域性か、と当たりはつけているが
広がりを持った発表にできるかは不安だ

バックデータを一枚くらい使って
後はほとんど写真でシンプルでコンパクトな発表にしよう

どんなプロジェクトでも尖った部分がある

自分のプロジェクトの中にそれを見つけるのが課題だ

意匠、技術、環境、地域性、プログラム、建築論として、敷地、構造、打ち合わせ

誰に
何を伝えるのかを明確にしないと

| コメント (0) | トラックバック (0)

変わるぜ

25歳のうちにどれだけ自分を変えられるか

それでその先が決まる

今日は細かなことを先送りするよくないくせがよくみられた

いけないな

悔しい

なんですぐ行動できないのか

原因は無意識の中にある
早くやった方が気持ち良いはずなのに

おかしいな

明日こそはバリバリやろう


最近任されてる外構の屋根
同期の構造担当とものを考えられるのはかなり楽しい

その時間を作るためにも

二足のわらじを履くためにも

圧倒的な効率と前に進む力が必要だ

夢のための変化はいとわない

変わるのはほんとに怖いことだけど
それを乗り越えるかどうかがかなり大事

焦れ!変われ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

良い休日

土曜日の夜は同期とさし飲み

気の置けない仲間と飲むとリラックスできる
お互いの近況と夢、目標を語り合いながらギネスを飲む

つまみはソーセージ
ベルリンを思い出す

自分わかってくれて一瞬でやりたいことが分かり
違うことははっきり言ってくれる

ツーカーの仲

学生時代濃密な時間を共に過ごした生まれる感覚
大事だなぁ


と、そこに電話が

自由が丘のクラブで飲んでる友達から

タクシーで言って酔っ払い達としゃべくる

飲んで音楽あればなんでもいいのだ

たまにはこういうのりも悪くない

その後カラオケで3時まで熱唱

遊びつくしました

日曜は予備校行って東工大の図書館で勉強

もちろん一時間くらい睡眠

大学の図書館がもつ空気感はとても良い
キャンパスには子供の声や吹奏楽の音が響いていてひだまりのなかのんびりできる

これで無料なんだから使わない手はないな

もし家を買うなら国立大の近くにしようと思う

家の外に勉強部屋を持つ感覚

不動産もその場所ならではの生活スタイルを具体的な提案すればいいんじゃないかな

建築を学んだからこそ出来ること
それは人生を楽しく生きるこつ

安くても良いもの
工夫次第でぜんぜん違う

そんな提案を常にしていきたい


結局日曜も飲んで色んな話をする

オープンに話せるようになってきた

違う分野の人と話すのは楽しい


この2日で見つけたテーマ

二足のわらじ大作戦を
今年は本気で取り組もう

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

新人歓迎会

新人も入り部も新しいメンバーということで
新人歓迎会をやった

今年度初の幹事

部長の挨拶を忘れそうになったがまぁいい出来

新人のこにベテランみたいです

と言われ
うれしいやら悲しいやら
話やすい後輩で良かった
彼の成長をみながら
自分も負けないように頑張ろう


部長らと話てて驚いたのがバブル時の給料
残業代が全てついたから新人で月給70万ちかくはいってたとのこと

すげ〜な

好きな仕事を休日とかにやって給料が高かったら天国みたいなもんだ

現状と比べたら悲しくなる

自分がいる建築設計のマーケットがどうなっているか
自主的に勉強するのは必須だ

ただ待ってるだけじゃだめだ

自分の足で立ってないとな

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

なにかすっと

今日は仕事の前を走っている感覚だった

いつもは追われてばかり
久しぶりの感覚だ

コツはただ一つ
目の前のことをすぐ終わらす

考えこまないってこと

今日はなかなかうまく行った
もっとやれると思うけど

反省面も見えてきた

携わってる建築に対してデザインする姿勢が弱いこと

構造部の同期と打ち合わせた時
このストラクチャーで意匠的にはいいの?
とのこと

最近収めることあきらめることに慣れすぎている
今出来なかったら次はないのに

次頑張ればいいやなどと弱気になることも

いかんいかん

建築はパッションだ

これを忘れた終わりだ

あと一歩の努力

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

ニューカマー

新人が研修を終えてオフィスにやってきた

はたからみる新人は
頼りなくて、不安げで緊張してて

新人っていうフィルターのせいかもしれないが
そう見える

1年前、俺もそうだったんだろうな
それを思うと今のボスはよく仕事を任せてくれたと思う

良い無茶ぶりを一年間続けてくれた

感謝しないとな

適度なストレスなくして成長なし


所属する部にも新しいメンバーが加わった
席は俺のとなり

彼が近くに座ってることで、自分がどう見えるかを考えるようになった

彼らが不安にならないような先輩でいないといけない

すぐ上の先輩はやはり気になっているはず

電話の応対
挨拶
仕事
などなど

成長をみせないとな

1年目は精一杯だったけどこれからはそうもいかない

後輩の目を利用して
自分を俯瞰するのは簡単だし楽しい

目指したくなるような人で居たい

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

少し疲れた

少し疲れたかも

そうでもないか

そうでもない

ただ思いたいだけかも

疲れた頭で考えながら歩く

もう桜には葉が出ている
街灯に照らさた葉を見上げる

新しい緑は美しい

頭に浮かんでくる言葉


やりがいがある仕事か

忙しさに思考することを忘れてないか

本当に忙しいと言えるか
やりたいことはなんだ

一年で成長できているか
毎日をだだ惰性で過ごしていないか

上司のようになりたいか
かっこよく生きているか
強くなっているか

優しさを持っているか

人を感動させているか

明日は輝いているか

設計という仕事にかなりの時間を投資している

これがただの労働になるか学びになるかは今この瞬間の自分次第

今だ

すぐ後とかじゃない

今!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

野心的なムーミン

帰ってきました東京

仕事の流れが早いね、やっぱり

熱い場所に自分を置かないといけないよなと改めて思う

そんな中で
最近疲れを知らない

一年過ごして来てそれが普通になってる

いいステップを踏めたじゃないか

二年目も凄い密度で過ごしてやる

今年中に三年目、四年目に必ず追いつく


昨日仕事終わりに大学の後輩と飲んだ

自由が丘のわんで

学生の持つ熱をもらった
最近読んだ本、出会った人、論文などなど

良い本を買ってきてもらいプレゼンしてもらう

なかなか贅沢な時間

彼に「野心的なムーミン」という名誉なのかなんなのか分からないキャッチフレーズを頂く

悪くない

俺がこのギャップを意識的に広げていったら

なかなかユニークな生き方ができそうだ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

2日目

2日目
引き続き色んなこと感じている

旅行の時に感じる違和感が心地よい

事務所から見る桜
東京との時間のずれ

周りを見るとスイスのような山が

なかなかいいじゃん福島

仕事の方はというと
集中できる

だって仕事以外やることないんだもん

なんかプロジェクトの中心にいるようで楽しかった

全ての情報が自分を通過していく

まだまだだけど

仕事は多いけど

日本で一番成長してやるんだという
気概でやればなんにも怖くない

辛いくらいが丁度いい

自分で気流を起こして
飛び続ける


翻って東京を想う

情報があふれ
仕事がたくさんあるんだと地方からの観点から思う

地方との格差

新築が減っているという状況がすでに顕著なようで

小学校なども耐震改修にシフトしているよう

この干上がる池状態の建設業界

プラスアルファを常に狙って少しずらしたとこで勝負しないと埋没するな
やはり東京でビジネスを起こしたい

今年はそれを具体的にプランニングしていこう

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

一人で出張

初めての体験

協力事務所のお手伝いで福島にいる

駅近くの東横イン

一人だといつもの出張とは違う

旅に近いわくわくと
会社を代表してるという緊張感

環境が変わると考え方も集中力もかわる

最近馴れ合いが増えて来たのを社外で仕事することで感じる

客観視するには手っ取り早い

おっと
早く寝ないと遅刻しちゃう

もう寝よ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

断ること

俺の欠点はここだ

何かと断れない性格

仕事の上では無駄なことが多い

安請負して、仕事が多すぎてスピードが鈍る状態が続いている

仕事をこなすのも自分、仕事を請け負うのも自分

リンクアンドモチベーションの社長が、新聞にも書いていたが

自分を株式会社と思って行動するっていう視点はなかなか的を得ている

悩みである、安請負は、会社で言うと営業が儲けの少ない仕事ばかりとってくるイメージ

おぉ、かなり嫌な感じだ

一年間、馬車馬のように働いてきた

雑務であっても、その仕事の良し悪しを見極める時期になってきたのかもしれない

きちんと自分の持っている仕事を管理して

いい仕事を効率よく身につけていかなければ

自分が会社でその従業員も自分という決まったシチュエーションで思考すると

ふっと上から自分を見れる

なかなかいい手法だな

| コメント (0) | トラックバック (0)

断ること

俺の欠点はここだ

何かと断れない性格

仕事の上では無駄なことが多い

安請負して、仕事が多すぎてスピードが鈍る状態が続いている

仕事をこなすのも自分、仕事を請け負うのも自分

リンクアンドモチベーションの社長が、新聞にも書いていたが

自分を株式会社と思って行動するっていう視点はなかなか的を得ている

悩みである、安請負は、会社で言うと営業が儲けの少ない仕事ばかりとってくるイメージ

おぉ、かなり嫌な感じだ

一年間、馬車馬のように働いてきた

雑務であっても、その仕事の良し悪しを見極める時期になってきたのかもしれない

きちんと自分の持っている仕事を管理して

いい仕事を効率よく身につけていかなければ

自分が会社でその従業員も自分という決まったシチュエーションで思考すると

ふっと上から自分を見れる

なかなかいい手法だな

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

心配されちまった

積算図渡しも終わり、一段落

このプロジェクトでは二回目の打ち上げだった

そこで驚いたのは、一緒にやってる人たちが自分のことをすごく心配してたこと

確かに最近キャパ越えし続けてたから

たまにすごい顔してたかもしれないけど

そこまで心配されてると、逆に心配になる

周りから見ると相当てんぱって見えているのだろうか

実際、仕事に関してはストレスフリーなので、心配されることは何もないのだが

数人に、ストレス貯まってるならぶっちゃけていいんだよな度といわれると

なんか気恥ずかしい

学生の頃のほうがよっぽど辛かった

いまさらながら厳しくしてくれた先生方に感謝する

社会人一年目で、キャパシティー内で仕事できてるなんて

つまらないし、成長できない

毎日辛いくらいでちょうどいいと思うのだ

周りとの温度差を幹事ながら久しぶりのほろ酔いを噛締めた

| コメント (0) | トラックバック (0)

心配されちまった

積算図渡しも終わり、一段落

このプロジェクトでは二回目の打ち上げだった

そこで驚いたのは、一緒にやってる人たちが自分のことをすごく心配してたこと

確かに最近キャパ越えし続けてたから

たまにすごい顔してたかもしれないけど

そこまで心配されてると、逆に心配になる

周りから見ると相当てんぱって見えているのだろうか

実際、仕事に関してはストレスフリーなので、心配されることは何もないのだが

数人に、ストレス貯まってるならぶっちゃけていいんだよな度といわれると

なんか気恥ずかしい

学生の頃のほうがよっぽど辛かった

いまさらながら厳しくしてくれた先生方に感謝する

社会人一年目で、キャパシティー内で仕事できてるなんて

つまらないし、成長できない

毎日辛いくらいでちょうどいいと思うのだ

周りとの温度差を幹事ながら久しぶりのほろ酔いを噛締めた

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

本気を出す

先週末一級建築士の模試があった
結果は62点

ぎりぎり不合格の点数

や、やばい

でも
最近勉強してないわりには良くとれたなってかんじ

平均は65点程度だから

本気出せば全然いけそう
今日から1日25問を目処にやっていく

前回やってわかったけど
コツコツやるしかない試験だからな

仕事も勉強も本気を出す!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

ウェブ時代五つの定理

とんでもない本だ

ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く! Book ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!

著者:梅田望夫
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

if frustration is greater than reward

and greed is greater than fear of failure

and a new technology/product is possible then

begin

exit (job);

get(tools to write business plan);

write(business plan);

get(venture capital);

start(new company);

・・・

end; 

Gordon bell

もしフラストレーションが報酬よりも大きかったら、

そして、失敗の恐れよりも欲のほうが大きかったら、

そして、新しい技術や製品がつくれるのなら、始めよ。

(仕事)辞めよ、

そして(ビジネスプランを書く道具を)揃え、

(ビジネスプランを)書き、

(ベンチャーキャピタルから)資金を集め、

(新しい会社を)始めるのだ。

ゴードン・ベル

なんてかっこいいんだ

これを書いたのはゴードン・ベルというコンピューター産業育ての親

プログラム形式で、起業精神を説いている

こんなシンプルな構文で、あえて難しく思えるような起業の精神を説いている

コンピューターにプログラムを指示するように

クールな視点が、大きな変化を起こすには必要だということだろう

また一つ良い言葉に出会った

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

山場

プロジェクトの山場になってきた

週明けに積算するため図面を一通りそろえないといけない
今まで気がつかなかった部分が見えてくる

きめないといけないことが山積み

かといって時間はない

このスピードがプロのスピードなんだろう

まだ面食らってついていけてない

もっと早い段階で検討をたくさんやれば良かった
悔いのない設計にしないと

次はないんだから

今を大事にしよう

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

出来ないことは楽しい

突き抜けた感が出てきた今日この頃

あることに気づいた

久しぶりに単純作業(面積計算)していた時のことだ

新しいことをやるのは怖いけど楽しいことだと

だんだんうまく出来る過程が楽しい

スノボとかと同じでね


建築という怪物の全容がうっすら見えてきた今日この頃

これがほんとの大きさかは分からないけど

しばらくは突進し続けようかと思う

建築は楽しい!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

花びら一枚

満開の桜よりも
その花びらが舞う様子の方が好きだ

それは見慣れた風景が一変するから

正に春のインスタレーションだ

花びらが空中を漂う

その時普段見えないものが見えてくる

風を見たり

水の流れを見たり

空を見たり

時間を感じたり

普段見慣れた風景を下敷きに花が舞う

なにもないんだけどそれだけで心が騒ぐ

一枚一枚があつまると圧倒的な効果を生む


そんなことを通勤中考えながら会社へ向かう


今日は二年目新たなスタート

後輩達は今頃新しい場所で緊張してるんだなぁ
なんて思いながらデスクへ向かう

なにか1日を通して「越えられた」感があった

自分を客観的に見れるような

むだなものが抜けてきた気が

この浮かれた考えも春のせいなのか


ふと机を見ると6冊のノートが

この一年で書いたものだ
2ヶ月に一冊

中にはまばらだがやってきたことの記録が

一枚一枚は対したことないけど

集まるとなかなか感慨深い

花びらじゃないけど

一枚づつめくっていくと
色々な想いが浮かんでくる

どんな環境で仕事をしてきたのか

失敗したのはなぜか

嬉しかったことはなにか
などなど


1日をいかに過ごすかが1年というスパンではいかに重要か分かる


今日から社会人になる人には

1日を大事にして欲しいと思う

ほんとにあっという間に終わるから

人間ってすぐ環境に適合する性質がある

だからその環境をいかに作っていくかが大事

待ってるんじゃなくて
自分の環境・立場を作ること

お互い名前がどこからか聞こえてくるような人になろう

今日からライバルだから

よしっ

二年目の先輩として気合い入れていこう

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

区切り

今日で社会人1年目が終わった

どれだけ成長出来たのだろうか

ひとつの区切りとして
今までを振り返りたい

まず建築設計という仕事は楽しいということは実感できた

肌に合っている
一度も会社に行きたくないとは思わなかったのがその証拠だろう

その中で自分はプロジェクトを動かす立場になりたいと強く思った

従業員ではいたくない

常にインサイダーで居たい

この仕事なら趣味にシフトできる予感がある

そのために社内で独立と一人で独立、二人で独立と色々手法はある

現時点ではまだ建築の仕事の流れが分かっていないから、まだ準備が必要
デザインは自分で学び
プロジェクトの動かしかた、ビジネスの基本を
組織に属しながら磨いていきたい

今年の成果は
名刺コンペを取れたこと
後輩を二人会社に入ってもらえたこと

コンペを1つ出せたこと(三井住空間コンペ)

投資を始めたこと

それくらい


来年度は新しいステップ
バイタリティだけじゃなくてオリジナリティも出していかねば

目標は好きな建築を含むその周辺のデザイン仕事で成功すること

そのために今なにをすべきか

考えろ考えろ考えろ

って感じで

常にベストを

常に楽しく

自分らしく

変化を恐れず

優しく

強かに

オープンで

二年目も突き進んでいきます!

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »