« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

Shopping!!

Main090127

「買い物」というものに、今まであまり関心がなかったが

社会人になって消費すること楽しみにする瞬間がある

これが、レムの言うショッピングが世の中を動かしていると言うことなのか

確かに、セールの映像を見たり、ネットオークションに熱をあげる人を見ると

人を突き動かす、ショッピングのチカラを感じずにはいられない

社会人になると、採算性って言うキーワードを嫌と言うほど耳にするしね

デザインにも、お金っていう要素が入って

初めて、世の中に出る良いデザインが生まれるのだと思う

ちょっと気になったHP

↓ネットショッピングの持つちょっとした怪しさと、商品のラインアップがリンクしていて面白い

密売東京

http://www.mitsubai.com/tokyo/index.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

建築プレゼンの掟 [買ったもの]

建築プレゼンの掟 (建築文化シナジー)

刺激を受けた本

学生のとき見ていたらそうは、思わなかっただろう

今読むと新鮮だし、仕事としての設計に必要なスキルが載っているので

身近な参考書として読むことが出来た

内容としては、具体的な手法を書いているのではなく、

建築家達10人が思う「プレゼン」について思うこと

といった具合で、対談形式で載せたものだ

読んでいると講演会を聞いているような気にもなる

中でも面白かったのが、j建築家中村拓志と、クリエイティブ・ディレクター永井一史との対談

広告を使う人と、建築を作る人、プレゼンという共通項でくくってみた時に出てくる

微妙な差が面白い

建築家とクライアントの関係が「素人×プロ」になるのに対し、広告では、「魅せるプロ×見るプロ」

になるとか

確かに、その違いは大きい

でも本質的に大事にしていることは変わらないように見受けられた

他にも建築家 西田司+ 志迫健太郎 のペアも面白い

志迫さんは広告代理店で勤めながら、建築家とチームを組み、休みの日だけ

活動している

副職として、建築家のパートナー、しかも作品の伝え方、コンセプト作りを担当をしている

なんかうらやましい!

なんかいいロールモデルが見つかったかもしれない

と思った本でした

他にも おっ と思う文章が多いからお勧めです

建築家の言葉をきちんと読んだのが久しぶりだったからかもしれない

今日本屋の建築コーナーで目に留まり買ってしまった

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

リコー R8 [欲しいもの]

RICOH デジタルカメラ R8 R8BK

ふと、コンパクトなデジカメが欲しいなと思い始めた

ポケットに入って、いつでも撮れるものが欲しい

カメラ機能が高い携帯電話を買ったが結局使わないんだよな

音が出てしまうって言うのが一番の難点

美術館とか、建物の中とか、店の中とかで写真とりにくいし

なので、コンパクトカメラ

薄くてポケットと言うと、サイバーショットか?

でもどうせ撮るなら良い写真がいい

候補としてはリコーのR8

驚いたのだが、今ではとても安くなっている

最安値で17500円

う~ん

ポケットに入らなさそうだけど・・・

欲しい

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

コーヒーメーカーから始めよう

【PRINCESS】 プリンセス コーヒー・メーカー

最近、社内で部署変えをしました

席も移動、フロアも移動で気分一新

新人気分で仕事をしております

新しい部署での嬉しい出来事

それは、コーヒーメーカーがあること

移動してからは毎日飲んでます

缶コーヒーに比べたら雲泥の差

部長さんがネットでおいしい豆を買ってくれるのが

また楽しみ

人気なのですぐポットの中は空に、

なので、こっちに来てからは、気づいたら注ぐようにしている

席がコーヒーメーカーの近くって事もあるし

注ぎに来てなかったときの、先輩の悲しそうな顔を見るとつい

なんかみんなのために、何かを作るってのは

たかがコーヒーでも、楽しいもんだなと思いますね

そこで、

コーヒーメーカーと自分の席を一体として

カフェのような雰囲気を作ろう計画を立ち上げました

お勧めの小説を棚において、

コーヒーは切らさずにしておいたり

仕事とは全く関係ないけど

こういうとこで楽しめるかどうかはかなり大事なことだと思ってて

よし、やろうと気合が入ります

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

ニュースーパーマリオ 3500円 [買ったもの]

【新品】NDS New スーパーマリオブラザーズ

中古で購入

頭を休めるために良いかと思きや・・・

同じところで落ちてしまったり

何回も死んでしまうと、いらいらするんですね、これ

この買い物は失敗だったかも

といいながらも

今日もやってしまう、自分の弱い心

でも楽しいからいっか

この前話した、メディアアートの研究者が

「スーパーマリオに勝てるメディアアートは存在するか?」

という話しをしていたのを思い出す

確かにインタラクティブなアートだよな、マリオは

メディアアートとゲームの境界線

商業的か否か

うーん、難しい

そろそろ、そのメディアアートのお祭り

「第12回文化庁メディア芸術祭」が

2009年2月4日(水)から15日(日)まで国立新美術館で開催されるようだ

行かなきゃ!

でもこれ1人で行ってもつまらないんだよな~

http://plaza.bunka.go.jp/festival/2008/information/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

えいご漬け 3040円 [はまっているもの]

英語が苦手な大人のDSトレーニング もっとえいご漬け

通勤時間は、黄金の時間だと思いませんか?

他にやることがないので、なにかにつけ集中できます

最近私がはまっているのは、これ

「えいご漬け」

英文を聞いて、ペンでそれを書いていくというシンプルな内容のソフト

短時間で出来るうえに、DSは起動時間が早いので、かなり長く続いてる

めんどくさがりの私にはうってつけのツール

3000円ちょっとで毎日英語に触れられるなんて、安い!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

釜開き

 近代の茶室と数寄屋

「釜開き」とは

年明け初めて茶事をやる時に使う言葉らしい

知り合いの茶道の先生に招かれ

今年初めてのお茶会へ行った

お茶会にはなぜか縁があり、数回招かれている

いつも気さくな方が主催している会なので楽しい

伺った家には炉がきってあった

炭で釜をあっためて、お茶のための湯を沸かす

湯気と、煙と、墨の中に入れられたお香の香りが部屋を包む

本当に昔の人の遊びってのは、優雅なもんだ

時間を忘れてお茶を飲み、掛け軸を眺め、茶道具を拝見し、歌を詠む

そんな文化が日本にあって、今も続いている

知らなければ、とっつきにくいものでも

機会を見つけて飛び込んで見ればかなりの発見がある

スキーと同じで、今まで自分の踏み込んでいない領域に飛び込むのは

スリリングで楽しいことだ

たまにの怪我はしょうがない

今度、お茶を点てる練習をしてくれるようなので

是非参加してみたい

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

スイス飲み@渋谷

スイスで働いている友人がパーティーを開いているということで

仕事終わりに、渋谷へ

外国人と、同じ大学の友達が入り混じっていて

なかなか面白かった

そこで思ったのが

英語しゃべりたい!ということ

言っていることは大体わかるが、話せないという場面がかなり多かった

ショックだな~

六年間以上英語勉強したはずなのに!

今からでも遅くない!

英語を話せるようになろう

今年の目標がまた一つ増えた

| コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月 8日 (木)

アークテリクス Theta AR Black 48000円 [買ったもの]

Photo あけましておめでとうございます!!

危ない危ない

ブログを書く習慣を忘れそうになってしまった

気を引き締めて新年やっていきます

さて、新年早々高い買い物をしてしまいました

1.ちょっとした臨時収入があったの

2.今週末スノボーに行く

3.これからの寒さに耐えるアウター

以上の三点から、年末から探し続けた末に決めたこの「アークテリクス シータAR」

詳しくは引用

カナダ・バンクーバーにあった Rock Solid(ハーネス製造メーカー)が原点。ローカルクライマーに丁寧でフット性の高いそのハーネスが愛用される。多くのBCクライマーにその高い品質を認められハーネス以外でも製品作りを求められ始めていた。

1991年 カナダ バンクーバーにて ARC’TERYX として誕生。従来の縫製して作られるハーネスに必然として出来てしまう生地のしわ。そのしわを取り除く為に発明したバックルShaha buckle は何度も失敗を繰り返しながらついに市場には存在しないほどのフット性を生むハーネスとして完成、コアなクライマーの間にクライミング製品へのパラダイム変換を促した。従来の製品と全く違うコンセプトや方法で作られるものを創り出すブランドとして認知され始める。

現在、デザイナールームは本社二階建ての二階、ほぼ全てのスペースを約10名の中心となるデザイナーが想いのままに使用するという環境の中(有名山岳アウトドアブランドのデザイナーは専属、契約合わせておよそ2?3名程度)、素材メーカーが持ち込んで来る新素材をデザイナー達がマイクロスコープで吟味し、場合によっては改良を求め共同開発しながら常に最良の素材を解剖学に基づいた美しいデザインで製品化するカナダの山岳アウトドアブランドとしてマーケットをリードしている。

インディゴ(紺色)が人気みたいだが、ずっと使うことを考えてあえて黒

早速散歩しがてら羽織って出かけてみると

めちゃくちゃ軽いのに風を通さないから暖かい

暑がり&重い服が嫌いな私にとってはちょうど良い

これからスノボーに、普段着に、自転車通勤にと使い倒していきます

そして、ふと思う

学生の時は服には全くお金を使っていなかったなと

そこにけっちって、本と旅行にお金を使っていた

それはそれでかなり充実していた

今は、また違うお金の使い方をしている

今は、衣・食・住を勉強しようという気持ちで

買うなら定番をという考え

使いすぎはよくないけど、豊かな生活を提案できる人を目指して

日々努力しないとな

今年の目標は

・会社によくするような提案3つ

・英語力

・一級建築士

あとブログね

常に、貪欲に、向上心をもって日々生きていきます

あ~なんか楽しくなってきた

半月ほどブログから(ただのサボり)離れてわかったこと

自分のことを客観化する最高のツールだということ

これを使わない手はない

自分の思考を定点的に焼き付けていく

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »