« スイス飲み@渋谷 | トップページ | えいご漬け 3040円 [はまっているもの] »

2009年1月19日 (月)

釜開き

 近代の茶室と数寄屋

「釜開き」とは

年明け初めて茶事をやる時に使う言葉らしい

知り合いの茶道の先生に招かれ

今年初めてのお茶会へ行った

お茶会にはなぜか縁があり、数回招かれている

いつも気さくな方が主催している会なので楽しい

伺った家には炉がきってあった

炭で釜をあっためて、お茶のための湯を沸かす

湯気と、煙と、墨の中に入れられたお香の香りが部屋を包む

本当に昔の人の遊びってのは、優雅なもんだ

時間を忘れてお茶を飲み、掛け軸を眺め、茶道具を拝見し、歌を詠む

そんな文化が日本にあって、今も続いている

知らなければ、とっつきにくいものでも

機会を見つけて飛び込んで見ればかなりの発見がある

スキーと同じで、今まで自分の踏み込んでいない領域に飛び込むのは

スリリングで楽しいことだ

たまにの怪我はしょうがない

今度、お茶を点てる練習をしてくれるようなので

是非参加してみたい


« スイス飲み@渋谷 | トップページ | えいご漬け 3040円 [はまっているもの] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448865/27271060

この記事へのトラックバック一覧です: 釜開き:

« スイス飲み@渋谷 | トップページ | えいご漬け 3040円 [はまっているもの] »