« NIKE+GPS 170円【買ったもの】 | トップページ

2012年3月18日 (日)

インナーマッスル/湯本優 【読んだもの】

あのレバレッジシリーズの著者 本田直之さんが推薦している本
本田さんは自分と「めんどくさがり」という共通項があるので
積極的に読んでいる作家

この本の著者は、医師免許を持ったプロアスリート
最近本になりだしている、マルチな職業をもった人だ

自分が引っかかったのは
トレーニングの「量」より「質」を高めると少ない労力で最大の効果が得られる
ということ

当たり前のことのように見えるが、
設計事務所の働き方を見直す上では参考になる気がする

時間がないが口癖の設計事務所社員にとって
自分のスキルを高めるために仕事=トレーニングの「質」を高めることとは
どんなことだろう

まず設計力を向上するために必要なスキルはなにか考えてみる。

・企画力
・設計実務力
・プレゼン力

思いつくのはこの3点か

これらを向上するための「質」の高いトレーニングとは
今の自分にとって必要なものをあげてみると以下のような感じ

・企画力   →最新の建築を知る
       →名作の建築を知る

・設計実務力 →名作建築の図面トレース
       →ディテールを知る
       →コスト感覚を身に付ける

・プレゼン力 →文章力
       →立体表現能力

これらの能力を限りある時間の中で高めていくには
やっぱり、期限付きの目標たてて工程管理するしかなさそう

めんどくさがりやの自分の場合、
学生を巻き込んで勉強会をするなんてことを考えている

テーマを決めて、おのおの本を読んだり、スキルを身につけて発表し合う
途中では、お互いを励まし合うメールを交換したりなんかして

最終的には、建築コンペに提出して賞金をもらうのも悪くない

その賞金で別荘をかりて豊かな週末過ごすとか

ワクワク! 



« NIKE+GPS 170円【買ったもの】 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448865/44543777

この記事へのトラックバック一覧です: インナーマッスル/湯本優 【読んだもの】:

« NIKE+GPS 170円【買ったもの】 | トップページ