読書

2008年9月29日 (月)

村上式シンプル英語勉強法 読書

村上式シンプル英語勉強法 村上式シンプル英語勉強法

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

衝撃的な一冊だった

英語を勉強するノウハウが詰まっている

しかもごくシンプルに

今まで読んだ本の中で一番理想に近い文章だ

完璧なロジックと、例え、ウィット、ヴィジョン

そして、本の内容もすばらしい

本屋には毎週行くべきだと改めて思った

本との出合いも一期一会だからね

本の内容を簡単に紹介すると

・英語が出来ない日本人は相当にヤバイ

・英文はとてもシンプル、出だしは12種類しかない

・構文もS+Vだけ意識すればよい。極端にいうとこの一種類しかない

・単語の覚え方は、毎日1万語を眺めること、暗記ではない。人と出会うように覚える

・話すパターンは基本的に8種類、やるとしても87種類

・英語を書く能力は、パソコン上でコピペで作成する編集能力。ゼロから生み出すものではない

以上概要だが、目からうろこが滝のように落ちた

竹内薫著の

99・9%は仮説 99・9%は仮説

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

にあるように、世の中絶対正しいことなんてない

日本の英語教育なんて、その最たるもの

全てを批判的に見なくては、と帯をきつく締める思いだった

とにかく、毎日英語の小説を読むことから始めよう

ポイントは、絶対に二回読まないこと、音声と同じように、流れるように聞くのがポイントらしい

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

脳を活かす仕事術

脳を活かす仕事術 久しぶりに茂木さんの本を読んだ

仕事で乾ききった頭の栄養剤のようなものだ

この本で得たことは3点

・アウトプットを意識すること

・仕事を上手く進めるには、インとアウトのサイクルをいかにデザインするか

・記憶は、パソコンに任せること

アウトプットを重点的に意識しなきゃいけないことは常々感じていたが

客観的に本に書いてあるとなるほどと思う

ネット環境が整備された現在においては、情報が多すぎる

つまり、インプットが必然的に多くなるという状況がある

それに対してアウトプット、文章を書いたり、作品を作ったり、人に話したりという機会は人任せでは増えない

そのバランスが取れていない人が、自分を含めて多いのだろう

呼吸にも似ていると思う。

経験的にそうなんだろう

疲れすぎて呼吸が苦しい時、吸うことだけを意識すると上手くいかない

息を吐くことだけを考えると上手くいくことがある

それと同じなのかもしれない

これからは、確実にアウトプットの質、スピードが重要になる

2点目に関しては、そのとおり

目先の仕事にとらわれずに

サイクルを作ることに没頭すべきなのだということ

日々のパターンを自分なりに工夫して構築し、

それが結果(コンペで入賞など)につながるような、行動のサイクルをデザインすること

これが全てといっても過言ではない

自分が喜びと感じる、モチベーションとなりうるシチュエーションを理解し

時系列に配置していくプランニングが必要だ

その時間を一日30分でもいいから作ること

三点目、非常に明快な話

自分の苦手なものは外に出せばいいということ

誰でも出来るけど、自分は苦手というものはそとに出して

くよくよしないってのが大事なのだ

なるほどね、そういやそうだな

自分のとげをどこまで尖らせることが出来るか

個人の戦略としてそのくらい考えておかないとかなりまずい

読書はやっぱり良い

忙しくても無理やり一週間3冊ペースは守りたい

| コメント (0) | トラックバック (0)